イラスト

【メディバンペイント】お絵描きの第一歩!キャンバスとレイヤーの作成、について

楽しい楽しいお絵描きタイムが始まりました!
メディバンペイントの使い方となっていますが、「キャンバスとは?」「レイヤーとは?」というように、
メディバンの機能どうこうの前に、まずデジタルでイラストを描くのが初めてじゃい!って方に分かりやすくお伝えしたいと思います。
(上級者向けに難しく説明しろと言われても無理ですが…)

新規作成

それではメディバンのメの字から始めていきたいと思います。

この画面から全てが始まります。もちろんipadを横にしても描けますが、私がいつも縦で描いてるので縦書きで説明しますね。
ここで描いたり投稿したり使い方を学んだり…
何はともあれ、まずは描いてみようということでキャンバスを作成しまっしょい!

キャンバス作成

左上に「新しいキャンバス」という項目がありますね。

キャンバスというのは要するに紙のこと。ペンだけあっても紙がなければ進みません。基本はここからです!
神絵を描くぞ!と強く念じながらこの「新しいキャンバス」をタップしてみてください。思いの強さでキャンバスのサイズが変わります。ウソです。
すると新規作成やら〇〇してインポートなどでてきましたね。

すでに現実の紙に描いた下書きがあって、それを使いたい場合は「画像を選択してインポート」や「カメラで撮影してインポート」を選びますが(あとで説明します)、まずは何もない状態ということにして「新規作成を」えらびましょう。

すると今度は右側に、サイズやら解像度やら入力する項目がでてくるので、用途に合わせて設定してあげましょう!(後からでも変更できます)
とりあえずサイズだけ決めて、解像度やらなんやらは、そのままでいいと思います。(後からでも変更できますし)

で、そのサイズなんですが・・・特に用途が決まっていなくて、印刷する予定もなくSNS等にアップしたいだけだよ~!というものであれば、まぁ1000pxもあれば充分かなと思います。
あまりサイズ大きくても動作が重くなったりアプリが落ちる原因ともなってしまうのでね。

逆に「ポストカード作りたいからハガキサイズで描きたい」とか「Twitterのヘッダーを作りたい」など、用途が決まっている場合はプリセットという項目をタップしてみてください。
あらかじめ縦横のサイズが決められたものが用意されてますので、わざわざ「オッケーグーグル!ハガキって何センチ?」と調べて数値を入力する手間が省けます( ^ω^ )

それでは準備ができたら、右上にある完了をタップしましょう!
レッツゴーです!!

レイヤーの追加

さて、ようやくお絵描き画面に到着しましたね。

説明しながらだったのでアレですが、普段はポチポチ~ってアプリ起動してから2秒でこの画面に来れますので安心してください。

それではレイヤーの追加をしてみましょう!

左側のバーにあるこのアイコン。この座布団3枚重ねたようなやつがレイヤーのアイコンです。これをタップしてください。

するとアイコンが青くなり、レイヤー画面が現れましたね。もう一度タップすれば非表示にできます。
アイコンの色は通常はグレーで、青は選択中という意味です。

レイヤーとは「透明な紙」みたいなものだと思ってください。コスプレイヤーとは無関係です。

この透明な紙に描いた線や塗りなどを何枚も重ねて、一枚のイラストが完成するのです。

さて現在はレイヤーが1枚ある状態ですね。これを増やしながらイラストを完成させていきましょう!
レイヤーを増やす意味は、ズバリ修正がラクだからです。線のレイヤー、塗りのレイヤー、影のレイヤーなどなど・・・あとで「この部分だけ直したい!」となったときにスムーズに修正できるのです。
全て1枚のレイヤーで描くことも可能ですが(そういう描き方もありますし)、そこはせっかくデジタルの強みですので、初めての方は特にレイヤーの便利さを肌で実感しておきましょう!
レイヤーを追加する場合はここの+をタップします。

するとまたいくか項目がでてきますので、「カラーレイヤー」をタップ。これでレイヤーが1枚増えました!

先ほど説明した通り、この透明な紙「レイヤー」に絵を描いていき、それを何枚も重ねてイラストを描きます。
重ねているのですから、下にあるレイヤーは上にあるレイヤーが塗りつぶされていた場合、重なっている部分は見えなくなります。

上の図では(フォトショの画面ですが…)2枚のレイヤーがあり、上のレイヤーには赤いが描いてあり、下のレイヤーには青いが描いてあります。
の方が上にあるので、下にあると重なっている部分は見えなくなるというわけですね(当たり前体操)
こうやってレイヤーを分けておけば、いちいち重なり部分を気にせずともノビノビ作業ができるというわけです。

画像の追加

さて冒頭でも言いましたが、アナログで描いたイラストをアプリに取り込みたい場合ですね。
下書きは紙に描いて、それを上からなぞって線画を描きたいという人も多いと思います。いわゆるトレスってやつですね。
あと資料として単に画像を置いておきたいなんてときも使えます。
どちらの場合もレイヤーを追加するときと手順は同じなので簡単です。
レイヤーを追加するときにタップした+ボタン。このときでてきた項目に「画像を選択して追加」「カメラで撮影して追加」があると思います。

すでに撮影した画像がipadに入っていれば「画像を選択して追加」。
これから写真を撮るよって場合は「カメラで撮影して追加」です。
画像を追加するとこんなメッセージがでてきます。

線画の抽出までできちゃうんですね~。
このまま上から線をなぞるだけでしたらどっちでもいいのですが、「もうちょっとここ大きくしたいな~」とか修正をしたいようであれば、線画抽出したほうが便利かもしれません。

線画抽出するとこのような画面になるので、下の3本のバー(シャドー、中間色、ハイライト)をてきとーにいじくって調整してください。バーの右にいくほど白くなって左にいくほど黒くなります。よければ右上の「完了」をタップして完了です!完了完了!
この線画抽出も、あとからいくらでも調整できるのでご安心を。いやー便利便利。

まとめ

以上でキャンバスとレイヤーの準備は整いました。
次はブラシの設定について説明したいと思います。お疲れ様でした。