イラスト

【メディバンペイント】変形(選択、拡大縮小)について

変形をお手軽にも、デジタルならではの強みですよね。
「この部分だけちょっと大きくしたい」とか「この線のままちょっと下にずらしたい」などなど
ここちょっとおかしいなーと感じた部分も、紙に描いた絵だとケシゴムかけてまた描き直しになってしまいますが、デジタルならあっという間のアルシンド。

そのための便利な機能「変形」「選択範囲」は上部メニューのこちらにございます。

mimi
mimi
ちなみに上のメニューバーは横にスクロールできます。右側にテキストツールとか隠れているのですが地味に気付きにくい・・・

選択範囲の作成

まずは選択範囲からです。どの部分を変形、移動させたいのかぐるっと囲ってあげましょう。
選択方法はいくつか種類がありますが、「投げ縄ツール」が自由に範囲指定できるので使い勝手がいいですね。

こちらのアイコンをタップしたらあとは普通の線を描くのと同様、ペンで囲ってあげるだけで選択範囲の完成です。
今回はかびちゃんの目を囲ってみました。

この状態で変形を行えば、選択範囲で囲われた部分だけ修正できるというわけです。

部分的な変形以外にも、選択範囲の使い道はたくさんあります。(色を変えたり縁取りしたり…)
今回は初心者編なのでその辺はまた別記事にて紹介できればと思います。

変形

それでは囲いができたところで、実際に変形させてみましょう。
メニューバーの「変形」のアイコンをタップしてください。
これが変形画面です。ガショーンガショーン!

四角い線で囲われていますね。さらに四隅とその間にちっちゃい☐があるのも確認できると思います。

この☐をペンで触れて、ぐりぐり動かしてあげれば自由にカタチを変えることができます。
上下の☐を使えば高さだけを変形して…

左右の☐はだけを変えることができます。

また、
縦と横の比率を変えずに
そのまま拡大縮小したい場合は四隅の☐に触れて大きさを変えましょう。

mimi
mimi
ただこの☐をうまくタップするのがなかなかのクセ者…ちっちゃくてどこに判定があるのかイマイチわかりません
地味にストレスなので改善してくれないかな~・・・

回転・反転

大きさを変えるだけでなく、もちろん角度を変えたり左右反転させたりもできます。
回転させる場合は、変形のときに触れた☐のさらに外側のなにもない部分、こちらに触れて回転させてあげてください。

ただ上でも言ったように☐の判定がイマイチよくわからないので、あまり☐の近くにペンをもっていくと変形になってしまうので注意しましょう。
左右反転させたい場合はカンタンです。画面の下に「左右反転」ていうのがあります。あとはもう分かりますね。ハイ。

まとめ

以上を繰り返して、細かな気になる部分を修正し整えていきましょう。
こういう小っちゃな修正が全体のバランスに影響するのです。
めんどくさいかもしれませんが、絵とはめんどくさい作業の連続です。
見せたい箇所によっては細かく描き込む必要はないかもしれませんが、違和感を見つける目を養うためにも細かい修正をめんどくさがらずに直していきましょう!
(あーめんどくさいめんどくさい)

【ipad】メディバンペイントの使い方一覧(随時更新中)