イラスト

【メディバンペイント】合成モードについて

「影を塗るのはいいけど何色がいいの?」
「どうすれば自然な色が出せるの?」
そんなお客様の声にお応えするのが合成モードです

合成モード

色を重ねた際に、そのモードに合った合成をしてくれる大変便利な機能です。
たとえば・・・例によってこちらにカービィちゃんがいます

ベースのピンク色に赤色を足したら何色になるのか・・・
ピンクに赤を足した(混ぜた)色を想像して塗るなんて毎回考えてたら時間かかってしまうし、何よりその選んだ色が正解かも分かりませんよね?(まぁ色に正解なんてないのですが)

そんな手間を、最初に混ぜたい色を選ぶだけで、後は合成モードくんが一気に解決してくれるのです。
合成モードのボタンはクリッピングの右上にあるこちらですね。デフォルトでは”通常”になっています。

ここをタップすると乗算、加算、除算などなど・・・ずらりとモードが並べられていますので、用途によって使い分けましょう。
しかし合成の種類はたくさんありますので、どれを選んでいいか分からないという方のために、主に使う機会が多いものを紹介したいと思います。
(たぶん全部使ってる人なんてめったにいないと思うけど)

乗算

主に影を塗る際によく使われます。影といえば乗算
下にあるレイヤーの色(この場合はピンク)と混ぜた色になるので暗くなります。おそらく1番使うんじゃないですかね。

覆い焼き・加算

乗算とは反対に、光を塗るときによく使います。
「発光」だとかなり光が強いので、うまく調整しましょう。

オーバーレイ

色味の調整などに使ったりします。背景の色に合わせて色を足してあげて馴染ませたり。みたいな使い方とか。
イメージとしては、明るいところはより明るく!暗いところはより暗くなる!といった感じです。

だいたいこの3つでなんとかなると思いますが、たまに使ったり使わなかったり気分で決めるモードも紹介します。

スクリーン

覆い焼きや加算のように、こちらも光を描きこむときに使います。白が強くでるイメージ。

ソフトライト

やわらかーーーーい光を入れてあげたいときとか使うかも。

焼き込み

なんか焼き色いれたいとき

使ってもこれくらいですかね・・・
ぶっちゃけ気に入る色が出せれば、合成モードなんてなんでもいいんです。
私の身近にも、合成モード使わずに全部通常モードで色を選んで描いてる人もいるくらいです。(しかもめちゃくちゃうまい)
よく分からなくても、このモードにしたらいい感じの色になった~って感じで気軽にいろいろ変えてみてください。

ぽよ!

【ipad】メディバンペイントの使い方一覧(随時更新中)